ミスタードーナツ


画像引用:https://www.misterdonut.jp/

本家アメリカから日本に渡ったミスタードーナツ

ミスタードーナツの元祖店舗は、アメリカ合衆国です。
本格的なファーストドーナツ店を目標として国内至る所に店舗を構えていたミスタードーナツ本社を訪れ、視察ののち業務提携をかわしました。

1970年に契約が交わされると、翌年1971年には、日本国内に第一号店が誕生。
当時海外食ブームが訪れていた日本国内で一世を風靡し、日本国内でも続々とチェーン店が誕生していきました。

翌年1972年には、和歌山北ショップで月商1500万円という、当時異例の売り上げを達成。
その勢いは留まるところを知らず、着実に勢力を広げていくこととなりました。

商品開発に余念がない、こだわりのミスタードーナツ商品

ミスタードーナツといえば、日本人が食べやすく、バリエーション豊富なドーナツがあげられます。
フレンチクルーラーやポンデリング、オールドファッションなど、定番商品から限定商品まで、数々の人気商品を続々と輩出し、老若男女問わず愛されているでしょう。

そんなミスタードーナツは、チェーン店によくありがちな、冷凍した商品を解凍して作るのではなく、記事をこねて作られていることが特徴です。
店舗や商品によっても異なりますが、毎日マシンを使って作られた出来立てのドーナツは、出来立てならではの美味しさがあります。
こだわり抜いて作られているにも関わらず、価格が非常にリーズナブルなことから、ファンが増え続け、病みつきになる方も少なくありません。

またミスタードーナツでは、ドーナツの他にも様々な商品が展開されています。
パイ生地で作られた商品や、麺類、スープ、ドリンクなどが幅広く展開されており、飽きずに楽しむことが出来るお店といえるでしょう。

創業45周年越えを迎えて、今後もさらなる発展に期待

2015年には、創業45周年を迎えたミスタードーナツ。
様々なキャンペーンを実施し、大いに盛り上がりました。

定期的に割引キャンペーンや、限定商品の販売、さらには、ポイントで交換できる限定グッズの取り扱いなど、様々なイベントを盛り込み続け、多くのお客の心を掴んで離しません。
居心地の良い店内で、読書をしながらドーナツとドリンクを食べたり、デートコースとしてミスタードーナツを訪れるカップルも少なくありません。
利用者層は一人の方はもちろん、ファミリー層や高齢者層、さらにはビジネスマンまで、非常に幅広い、全年齢対象型店舗といえるでしょう。

独立店舗を構えている所も多いのですが、フードコート内の一店舗として設けられていることも多く、全国各地至る所で見かけることが出来ます。
安定の味、安心の美味しさもあり、出かけ先で小腹を満たすときに立ち寄るという方も少なくありません。