モスバーガー


画像引用:http://mos.jp/

ファーストフードとは思えない本格派の味が売り!モスバーガー

様々なファーストフードチェーン店がありますが、その中でも、より本格的な美味しさ、より栄養バランスの取れた味わいで有名なのが、モスバーガーです。
ファーストフードとは思えない、栄養バランスの考えられたメニュー、そして高い接客レベルが人気の秘密で、老若男女問わずに利用されています。

そんなモスバーガーですが、誕生は1972年。
東京都板橋区に店舗を構え、日本人による、日本人のためのハンバーガーショップとして誕生しました。

当時巷では、ハンバーガーといえば海外製品というイメージを覆すために、日本人の味覚にあるハンバーガーを作ろうと誕生したのが、モスバーガーです。
国内ではハンバーガーそのものの存在を知らない人も多く、開発担当者の一人でさえ、創業者の櫻田氏に教えてもらうまでは、存在を知りませんでした。

創設者である櫻田氏はもともと、証券マンとして海外でも活動を行っていましたが、より人に感謝される仕事をしたいと一念発起して、モスバーガーを企画。
美味しいものはお店の立地に関係なく愛されるの精神のもと、商品開発に尽力した結果、現代のモスバーガーが誕生しました。

日本人が大好きなハンバーグをベースに、こだわり抜いたミートソースをソースとして利用したモスバーガーが一躍大ブレイク!
当初はカウンター席が5つあるだけの非常に規模の狭い店舗でしたが、現在では海外にも店舗があるほどの、人気バーガーショップとして知られています。

モスバーガーの由来はアルファベットにあった!

モスバーガーは、MOSバーガーと書きますが、この三つのアルファベットが、お店の由来になっています。
Mは、マウンテン、Oはオーシャン、Sはサンの英語の頭文字で、それぞれ、山、海、太陽を意味しています。

山は気高く堂々とした態度、海は深く広い心、太陽は熱い情熱、を意味しており、この3つを持つことを理念のもと、この名前が付けられたそうです。

非常に壮大な由来で、人間、自然に対して、深く慈しみが込められた名前として、従業員からも広く愛されています。

ライスバーガー発祥のモスバーガー

モスバーガーと言えばやはり、パティをお米にして作られた、ライスバーガーのイメージが強い方も多いかと思います。
モスバーガーは、ライスバーガーの生みの親の店舗として、現在に至るまで、数多くの人気商品を開発しているのです。

そんなライスバーガーですが、やはり生まれた理由は、日本人の味覚に合うバーガーを追求した結果です。
海外の人の主食であるパンではなく、日本人が大好きな主食の、お米を盛り込んだハンバーガーを作ることが出来ないか。
様々な試行錯誤が重ねられた末、大ブレイク商品、ライスバーガーは誕生しました。