ピザーラ


画像引用:https://www.pizza-la.co.jp/

老若男女に愛される宅配ピザショップ ピザーラ

宅配ピザチェーン店は全国各地に存在しますが、その中でも、業界ナンバー1との呼び声が高い、ピザーラ。
種類豊富なメニューに加え、印象に残る数多くのテレビCM、そしてピザ本体の質の高さ、接客レベルの高さもあり、人気のピザチェーン店として、多くの方に利用されています。

そんな宅配ピザチェーン店、ピザーラは、1987年に日本国内で一号店が誕生。
なんと開業してから十数年で、売り上げ、店舗数ともに、日本一へとのし上がります。
当時宅配ピザ業界は激戦区で、多くの店舗が散っていきましたが、その中でも、日本人の味覚に合ったこだわりの味を追求した、ピザーラが勝利を勝ち取ったのです。

数多くの経験の元生まれた、ピザーラ

現在ではこれだけ、知名度も売り上げも高く、トップに上り詰めていると言えるピザーラ。
ですが、最初からこれだけ、順調に行っていたわけではありません。
ピザーラの創業者である浅野氏の人生はまさに波乱万丈で、人生の様々な部分で、数多くのハードルを乗り越えてきたといえるでしょう。

浅野氏は、もともとは大企業の経営者の子息として、何不自由のない生活を送る、いわゆる御坊ちゃんでした。
将来は企業を継ぐことを約束されていたものの、経営者である父が倒れ会社が倒産。
今までの生活が一変し、貧乏生活を余儀なくされてしまうのです。

その後、1978年にクラブハウス、インフィニティをオープンしたものの、厨房で火災が発生し、全身に大やけどを負います。
事故の影響で療養生活を余儀なくされ、お店もたたまざるを得なくなるのです。
その後様々なお店を経験し、借金を背負いながらも、培ったハングリー精神をもとに、様々な商売経験を積んでいきます。

そんなハードルを越えて、様々な経験を積んだ中、1987年に、ピザーラが誕生。
ピザーラで長年の苦労が帳消しになるほどの、莫大な売り上げを上げることになります。

現在ではピザーラの他にも、ファーストフード店や高級料亭まで幅広く展開をし、長年培ってきた経営の才を、惜しみなく発揮しているといえるでしょう。

ネット通販や直接お店へ来てもらうサービスも

宅配ピザと言えば、電話で宅配を注文し、指定住所まで店員がピザを届けることが主流でしたが、現代では少し形態が異なります。
ネット注文をすることで宅配してもらう方法や、お店までお客様が直接商品を取りに行くことで、割引になるシステムを取り入れている店舗もあるでしょう。

このように、現代人に合わせて今までのシステムにプラスしたシステムを導入することも、ピザーラの強みです。
割引券やサイドメニューの豊富さもあり、利用者は今後も増え続けるといえるでしょう。