管理栄養士


管理栄養士もとても人気のある仕事です。
しかし、管理栄養士という仕事がどのような仕事か正確に理解出来てない人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

管理栄養士とは何か

管理栄養士以外栄養士という仕事があり区別がつかないと言う人たちもいます。
昔は管理栄養士も栄養士もほとんど差がないと言っても構わなかったです。
しかし、近年段々と栄養士と管理栄養士に差がみえて来たという感じです。

例えば、都道府県知事から指定を受けている特定給食施設や保健所、ほかにも栄養士の養成学校などの教員や助手として就職するためには、管理栄養士の資格を持っている必要があります。
栄養士は、都道府県ごとに免許を取得して、栄養に関する指導をすることが仕事です。
そのなかでも管理栄養士とは厚生労働大臣から免許を認められるもので、けがや病気を患っている人を対象としてその療養の為に必要な栄養の指導をしたり、健康の保持・増進により高度な専門知識や技術が必要となる給食管理や指導などをする人たちのことです。
食事を供給する施設で利用者の身体の状況や栄養状態、利用の状況などに応じ特別の配慮を必要とする給食管理・栄養改善上必要な指導をしたりもします。

管理栄養士になる

管理栄養士になるには一体どうすればいいでしょうか。
まずは栄養士免許の取得を目指すというのが合理的方法です。

管理栄養士は国家資格であり、栄養士の免許を取得して、かつ管理栄養士の国家試験を受験して合格する必要があります。
栄養士養成学校は、4年制大学と3年制の短大・専門学校、更に2年制の短大・専門学校があり、どれも卒業すれば無受験で栄養士免許が資格取得ができます。

ただし、それで管理栄養士になれたと言うことではありません。
管理栄養士になるため、国家試験を受ける必要があり、免許取得後に国が定める施設で一定の期間、実際の栄養士の業務を経験しなければなりません。
具体的には、4年制大学の場合は1年以上、3年制短大・専門学校の場合は2年以上、2年制短大・専門学校の場合は3年以上と定められています。
管理栄養士養成学校の場合では、4年制大学があり、卒業と同時に栄養士の免許が得ることができ、 実務経験がない状態でも管理栄養士国家試験の受験が可能です。

国家試験にパスしなければならない

国家試験に合格して、やっと管理栄養士免許が取得出来るます。
もう既に想像もつくかと思いますが、栄養士と言うよりも管理栄養士の方が全然就職活動でも有利です。

一定規模以上の施設は、管理栄養士の必置が義務づけられているところも多くあります。
給料の面でも栄養士よりも全然満たされているはずです。
そのような資格取得をした人たちは、病院や福祉施設などに勤務するケースが多かったのですが、 更に企業、行政施設、保育園、病院や福祉施設へ給食を提供する給食会社などへとどんどん最近では幅を広げています。