野菜ソムリエ


野菜ソムリエと言う仕事も現在とても注目されている仕事の一つです。

野菜ソムリエとは

現在、野菜ソムリエになりたいという人たちの声も大変多く聞きます。
野菜ソムリエは、 野菜に関わるスペシャリストです。

野菜ソムリエ、野菜のスペシャリストと言えばちょっと格好良くも聞こえますが、実際に野菜ソムリエは、もともと八百屋の青果販売業者の人たち向けに生まれたものです。
日本において、お客様に対して、野菜の魅力をしっかり伝えるために存在しています。

スーパーの青果コーナーにつとめる人たちなどにとって、ストレートに役立つ知識です。
野菜ソムリエと名前がスマートになっても、意味自体が変容した訳ではありません。

野菜ソムリエの知識は、食に関してすべてに役立つ知識です。
現在では、食の分野が昔以上幅を広げ、 レストランやカフェなどといった飲食店はもちろん、料理教室のインストラクターなど、いろいろな場所で役立てることが出来ます。
フードコーディネーター、そして食育指導士とも無関係な仕事ではありません。

野菜ソムリエの魅力

野菜ソムリエの魅力は、人それぞれ野菜に対しての向きあい方が違い、幅広い世界を見つめることが出来ることです。
美容師ならば美容室と向きあうことになります。
しかし、野菜ソムリエの場合、野菜というカテゴリーではありますが、野菜の魅力を伝える仕事、自分で料理を作りたい、そして野菜そのものを作りたいなど、自分の得意分野に向かって行くことが出来ます。

それも、やはり、現代社会で昔以上、野菜に注目が集まっているせいです。
この動向は、今後もっと勢いづいて行くことでしょう。

野菜ソムリエになるためには

さて、野菜ソムリエになるためにどうすればいいかということです。
「日本野菜ソムリエ協会」の民間資格を取得しましょう。

受験資格を得るためには、まず野菜ソムリエ協会の開いている養成講座を受けて勉強する必要があります。
初級の「ジュニア野菜ソムリエ」、中級の「野菜ソムリエ」、そして上級の「シニア野菜ソムリエ」という3種類の資格取得があります。

はじめて挑戦という人たちは、まず、 「ジュニア野菜ソムリエ」を選択してください。
堂々と私は野菜ソムリエと名乗ることが出来るのは一般的には、中級以上の「野菜ソムリエ」、そして上級の「シニア野菜ソムリエ」からと言われています。

いずれにしてもまずはジュニアコースの講座に申し込むことからスタートしましょう。
誰でも申し込みは出来る民間資格です。

受講費は、最後の試験の料金を含めて133,350円 内訳・入会金10,500円・受講料122,850円が必要です。
ジュニア講座の受講の場合は、通学制・通信制の好きなほうを選べます。

試験は通学でも通信でも全国各地で決められた会場へ出向いて受けることになります。
上を目指す場合には、「野菜ソムリエ」、「シニア野菜ソムリエ」と進んで行きます。