店長の仕事内容とやりがい

飲食店店長の仕事はどんな仕事?

飲食店の店長は、お店の管理と運営を行うかじ取り役です。
運営していくためにはどんな風にすれば売上がアップするか考えることも必要ですし、従業員教育や仕入の工夫、料理の質の維持など、やることが沢山あります。

人手が足りないときには、接客も調理もこなす必要があり、スタッフの手本となって働く必要もあり、重要な役割を担うポジションです。
お店の営業時間が終れば、売上の集計、営業日報などつけ、本店への報告も行います。

飲食店店長になるためには何が必要?

飲食店の店長は、一般的に正社員や契約社員が多くなりますが、アルバイトであっても勤務成績がいいことで正社員雇用となり、店長を任されることもあります。
特に資格などは必要ありませんが、お店をよくしようという気持ちを持ち、どんなことでも嫌がることなくできる対応力やコミュニケーション能力は求められるでしょう。

お店の管理や仕入れなどに携わることがあるため、経営について勉強する意欲も重要です。
これまで飲食店で接客経験などがあれば、店長候補として学び、経験を積んで店長になることもできます。

どんなところにやりがいがある?

管理や経営を行っていく上で、理不尽だな、忙しいなと思うこともありますが、自分がお店を動かし経営することができるやりがいのある仕事です。
スタッフがまとまりお店の雰囲気もよくなり、気持ちよく働ける職場になれば、苦労もプラスになります。

お店によっては売上がお給料に深く関係するところもあり、売上アップのために行ったことが成功によってボーナスアップとなれば仕事へのモチベーションもぐっとアップするでしょう。
経営のノウハウを知ることができるのも大きな魅力です。

お客様から素敵なお店といわれれば嬉しいでしょうし、スタッフの対応を褒められれば、人の成長を感じられ、様々な面でこの仕事をしてよかったと思えるでしょう。
経験と実績を積み重ねてく必要があり、苦労もある仕事ですが、その分、やりがいを感じられる業務です。

飲食店店長のお給料は幅広い

お給料については、そのお店の売上によって違ってくるため、相場は一概に言えないのですが、大体、240万から380万くらいです。
お店の売り上げがよく、継続的に維持できる状態であれば高水準のお給料なることもありますが、地域性、大手チェーン店かどうかなども関わってきます。
大手のチェーン店では、役職で給与額が決定することもあり、利益率よって給料額の変動がない所もあり、店舗によって様々です。

小規模なお店の支店の店長の場合、売上が給料に大きく影響することがあるので、仕入れの工夫、メニュー開発、コスト削減など見直しすることも必要となります。
都市部は店長の給料も高めとなるところが多く、地方に行くと一般的に低めです。
やりがいのある仕事であり、店長クラスになって安定すればそれなりのお給料となるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です