喫茶店

喫茶店について

食品衛生法施行令第35条で喫茶店を「酒類以外の飲み物又は茶菓を客に飲食させる店」と定めています。

喫茶という言葉は鎌倉時代からある言葉で、もとは中国から伝わったお茶の飲用や作法を指す言葉です。
それが今ではお茶だけでなく、コーヒーや果汁や清涼飲料水なども含めた言葉として使われるようになっています。

喫茶店では、これらの様々な飲み物を提供する他、飲み物と合わせて一緒に食べることができるようなケーキなどの菓子を提供したり、サンドイッチやスパゲッティーなどの簡単な軽食を提供します。
また、調理した食事などは提供せずに、主にコーヒーを中心に提供する店はコーヒーショップあるいはカフェと呼び喫茶店と分かれているのです。

仕事内容

喫茶店での仕事内容は他の飲食店と同様に、ホールスタッフとキッチンスタッフの2つに大きく分けることができます。
ただ小さな喫茶店の場合は、ホールとキッチンの両方を担当することも少なくありません。

ホールスタッフとしての主な仕事は、レジ打ち、オーダーや配膳などの接客、そして清掃です。

仕事の流れは、来店したお客さんをテーブルまで案内をし注文をとります。
注文をキッチンに伝え、注文した飲み物や料理ができたら、テーブルまで運びます。
そしてお客さんが帰るときにレジで会計をするのです。

喫茶店によっては、お客さん自身が注文したものを自分で持ち運び返却する場合もあります。
その場合は、注文とレジ打ちを同時に行い、閉店後は、店内やトイレを清掃をするのです。

また、ホールスタッフはお客さんから商品内容を質問されたときに正確に答えることができるように、商品についての知識を持っていることが求められます。

キッチンスタッフの主な仕事は、仕込みや調理、皿洗いなどです。
喫茶店の場合、本格レストランのような調理はないので、簡単なフードメニュー、ドリンクメニュー、デザートなどを作ります。

時給は飲食産業の中ではやや低めで、地方では800円前後、都心では900円前後が相場になっています。

メリットとデメリット

喫茶店でアルバイトをするメリットは、仕事内容がそれほどハードではないこと、接客マナーを身につけることができること、キッチンでの調理技術を身につけることができること、スタッフや常連客とのつながりができることなどがあげられますね。

また逆にデメリットとしては、接客仕事が慣れていないと、最初は戸惑うことも多いことがあげられます。
詳細な接客マニュアルがあるわけではないので、その場での臨機応変な応用力や柔軟性が求められます。

また、立ち仕事になるので足腰が疲れることや、日曜祝日が仕事になることが多いというのも人によってはデメリットとなるでしょう。

サイト内のコンテンツ

スターバックスコーヒー
・ドトール~now making~

喫茶店についての詳細は、上記サイトを参考にしてください。