いいレストランと悪いレストラン

汚いお店は悪いレストラン?

こじゃれたレストランを知っていると、友人や恋人と一緒に食事をする時にポイントが高いです。
日本中にたくさんレストランがありますが、その中にはいいレストランもあれば悪いレストランもあります。

いいレストランと悪いレストランの見分け方のポイントとして、やはり店内のきれいさはチェックしておくべきです。
汚いお店はやはりそれ相応のレベルの料理を出してくるところが多いです。

汚いお店とは具体的にテーブルが油などでべとべとしているとか、料理人やスタッフの服が汚いといったことです。
またトイレは店の姿勢をチェックするうえで重要なポイントです。
店内はそれなりにきれいにしていてもトイレが汚い所も多く、このような細かな所まで気が配れているときちんとしたレストランの可能性は高いです。

テレビなどで、汚いけれども料理のおいしいお店が紹介されていることもあります。
確かに一部、汚いけれども料理のおいしいお店はあります。
しかしその確率は低いので、大きなリスクを冒して入るべきでもないでしょう。

外観で店を決める

初めて入るレストランはおそらく、店の外観などを見て判断しているはずです。
おいしい料理を提供するお店はその点を十分意識しているので、外観にも力を入れています。
おしゃれな看板を出しているとか、メニューのディスプレイに気を使っているかなどです。

またエントランスはそのお店の印象を決める重要なファクターです。
そこでエントランスのマットをきれいにしているとか、入り口のガラスをきれいに磨いているなどの細やかな配慮のなされているレストランは評判になりがちです。

料理を提供する所は、衛生環境にしっかりと気配りをする必要があります。
清潔感のある店であれば、スタッフのプロフェッショナルな対応が期待できます。

集客もレストランの質を反映する

やはりいいレストランには人が集まってくるものです。
行列に並んでも食べたいと人々が思うのには、それなりの理由があると思うべきです。

逆にガラガラのお店は、それもそれ相応の理由があると考えるべきです。
特に食事時や土日祝日のような、普通ならお客さんが入っていないといけない時でも空席の目立つところはあまり期待できないと思うべきです。

また店の外から中の様子をうかがえるようなレストランの方が、初めて行くお客さんにとっては敷居が低いはずです。
店内の様子が外側からわからない所に入るのは、かなりリスキーなはずです。
気軽に入れるような店の雰囲気づくりをしているかどうかもいいレストランかどうか見極めるのに重要なポイントです。

このようなポイントを注意して、レストランをチェックしてみることです。
そうすれば、納得できるようなお店が見つかるはずです。
レストランをいろいろと見て、見極める能力を培うようにしてください。