進化する注文方法

スマートオーダーが登場

新しい飲食店向けサービスとして、スマートオーダーというシステムが注目されています。
スマートオーダーとはスマホで注文と決済を完結させることで、効率的に料理を楽しめるシステムです。

お客さんはスマホアプリを使って、実際に店に行く前にオーダーを済ませます。
そうすると店に行った時には既に商品が用意されているので、受け取ってその場で決済できるわけです。
たとえ店が混雑していて行列を作っていても、その行列に並ぶことなく商品を受け取れるわけです。

ちなみにスマートオーダーを活用すれば、デジタルスタンプがたまるシステムとか、商品クーポンの配信なども行えます。
副次的なサービスの提供ができるわけです。

店舗にとってはさまざまなメリットが

スマートオーダーを導入することで、さまざまなメリットがあります。
まずお客さんを待たせないで済むので、不快な思いをさせなくて済みます。
しかもスマホで注文するので、店舗オペレーションを今まで以上に簡略化できるというメリットもあります。

またiOS7以降の端末であれば、Beacon通知システムが利用できます。
Beacon通知システムを活用することで、10メートル以内の近距離にいる見込み客を発見して、スタッフが誘導できるように素早い対処ができます。

また先ほども紹介したようにスタンプやクーポンの配信なども行えます。
これまでは紙を使ったサービスだったのが、いずれもデジタル化できます。
販促にかかるコストを大幅に削減できる可能性も出てくるわけです。

デジタル化は、顧客の行動履歴を記録に残すことも可能にします。
行動履歴を分析して、今後何に力を入れるべきかということがよくわかります。

実際にスマートオーダーを試験運用したデータがあります。
そのデータによると、昼のピークタイムの1件当たりの注文処理のスピードが従来と比較して2倍以上のスピードになったという結果が得られました。

スマートオーダーの具体的な機能

スマートオーダーのユーザーは、3つの機能を活用できます。
1つ目は事前オーダーです。

お店に入る前の段階でスマホを使って、事前オーダーができます。
クレジットカード決済にするのも可能で、カード決済にしてしまえば、財布をカバンの中に入れっぱなしにしていても問題ありません。

2つ目の機能はスタンプ機能です。
店に専用端末が設置されているので、そこでアプリのQRコードをかざすと商品を受け取れます。
店舗内で飲食利用するたびにスタンプも効率的に貯められます。

最後はいろいろな特典情報を受け取れる機能です。
先ほども紹介したスタンプを一定量集められれば、クーポンが配信され、特別なキャンペーンが受けられるかもしれません。

スマートオーダーを利用するためには、O:derアプリをダウンロードする必要があります。
iOSとAndroidの両方に対応していて、無料でダウンロードができます。