マンボー


画像引用:http://www.manboo.co.jp/shop/
株式会社マンボーは東京を中心に展開するインターネットもできる漫画喫茶です。
東京に24店舗、神奈川県に9店舗、愛知県に6店舗、千葉県に5店舗など、全国に約51店舗を展開しています。
マンボーのチェーン展開は、全国津々浦々というのではなく、利益があがる地域やエリアに絞って集中的に店舗を出展するドミナント出店を展開しています。
具体的には東京を中心とした駅前や繁華街など人が集まり易いエリアに集中しており、この点では、郊外型のファミレスチェーン展開などとは対照的です。
ところで、マンボーでは漫画を読むごことができるマンガ喫茶マンボーと、漫画を置いていないネットルームマンボーの二種類がありますが、ネットルームマンボーは東京に3店舗と神奈川県に3店舗の合計6店舗のみになります。
マンボーで提供されているサービスは店舗によって多少違ってきますが、基本的には店内に置かれている漫画をゆったりと読むことができたり、席に備え付けられているパソコンを使ってインターネットやネットゲームをすることができたり、さらにはDVDを見たり、PS2でゲームをしたりすることもできます。
また、シャワー室があるので、簡易ホテルのように寝泊まりすることもできますよ。
終電に遅れてしまったりした場合にとても便利です。
かつては、大型店で食事のサービスも提供していましたが、今は中止しています。
料金は時間制で、30分150円から280円(一時間毎の料金設定の店舗もあります)と店舗によって料金が違います。
お得な3時間パックや8時間パック、さらには24時間パックなどもあり、夜間料金はさらに割り引きになるのです。
また平日と祝日では料金が異なり、個室は割増料金になります。
料金設定はかなり細かな設定になっているので、よく確認する必要があります。
なお、入会や身分証明書の提示などは必要ないので、誰でも気楽に入店することができますよ。
マンボーを利用する人は男性が多いのですが、そのためかお店では女性が気軽に入ることができるように努力しているのです。
たとえば、レディースルームを用意したり、看板に大きく表示されている料金は実は女性の料金で男性より格安に設定されています。
男性料金の料金は女性料金の横に小さく書かれてありますので間違えないように注意しましょう。
また2011年からシェアハウス事業も開始しています。
光熱費込みで月2万円台からという、都内では相当格安な家賃設定をしています。