ファーストフード

ファーストフードとは、注文するとすぐに食べることができ、お持ち帰りが出来たり、またその場で食事ができる飲食店のことを言います。

海外から日本へ

ファーストフードが始まったのはアメリカが発祥で、安価でありながら高カロリーの食事は瞬く間に人気となりました。
このアメリカ式のファーストフードが日本国内に入ってきたのは1970年代初頭のことです。

ハンバーガー、フライドポテト、フライドチキンなどのアメリカ式のファーストフードは日本でもすぐに受け入れられ、全国にチェーン店が広がっていきました。
またファミリーレストランや牛丼店、ラーメン屋さんなども日本式のファーストフード店と言うことができるでしょう。

仕事内容

ファーストフードでは幅広い年齢層の人たちが働いています。
その多くはアルバイトですが、好きな時間帯に働くことが出来ることや、比較的単純な仕事が多いことから人気のアルバイトの1つになっています。

仕事内容はホールスタッフとキッチンスタッフに分かれていることが一般的です。
ホールスタッフの仕事は、お客様の誘導、注文とり、配膳と片付け、そしてレジ打ちなどになります。

アルバイトを申し込む人たちの多くは、自分も食べた経験があるのでホールスタッフの仕事をだいたい把握しており、自分でもできそうだと判断した上でアルバイトを申し込んでくる人が圧倒的に多いです。

ただしキッチンスタッフに配属された場合は、未知の経験になります。
最初は皿洗いや料理の盛り付け、冷凍食材の解凍など簡単な仕事からはじまりますが、慣れてくると野菜を切ったり仕込みをしたりなどの調理も任せられるようになってきます。
たとえば、あるファミレスでは人気のオムライスばかりを専門に任せられるということもありますね。

メリットとデメリット

ここで働くメリットは、基本的に未経験者でも働くことができることや、幅広い年齢層で好きな時間帯に働くことができることをあげることができます。
主婦であれば昼間の時間帯に、学生であれば夕方から夜の時間帯に、またお金を稼ぎたければ時給の高い深夜の時間帯に働くことも可能です。

また、接客のスキルを身につけることによって、将来就職するとき様々な職場でその経験を活かすことができるでしょう。
また、そのお店の食事を30%オフなどの割引価格で食べることができるという特典もあります。

逆にデメリットをあげるとすれば、仕事量の割に時給が低い傾向にあることや、混みあう日にアルバイトが少ないと、大変ということなどがあげられます。

コンテンツ内容

マクドナルド
・ケンタッキー~now making~

ファーストフードについての詳細は、上記サイトをご覧ください。