フレッシュネスバーガーの3つの魅力

オーダーを受けてから調理するフレッシュネスバーガー

最近は作り立てを用意してくれるハンバーガー店も多くなりましたが、作り置きしているお店もあり、できれば作り立てのフレッシュなハンバーガーが食べたいと思う人におすすめのハンバーガーショップです。
全国展開しているフレッシュネスバーガーは、注文してからっハンバーガーを作り始めてくれるので、出来立てを味わう事ができます。

作り立て以外にも、こだわりを持ってハンバーガーを提供してくれるフレッシュネスバーガーは、人気メニューも多く、幅広い年齢層の方に選ばれているのです。
野菜の鮮度、サイドメニュー、パティと、こだわりを持った商品づくりが魅力といわれています。

パティにこだわっているフレッシュネスバーガー

ハンバーガーの主軸となるのがパティですが、フレッシュネスバーガーは、このパティに強いこだわりを持って作っています。
ハンバーガーを口に入れたときに広がるみずみずしい肉汁は、オーストラリア産100%のグラスフェッドビーフを使い、ボリュームたっぷりに仕上げているのです。

他のお店のハンバーガーと比較するとパティの厚みがしっかりあり、食べ応えのあるタイプとなっています。
あふれだす肉汁こそ、フレッシュネスハンバーガーの魅力です。

シャキシャキ食感の野菜が魅力

ハンバーガーによっては新鮮さを感じない野菜を使っているお店もありますが、フレッシュネスハンバーガーの野菜はシャキシャキです。
カット野菜ではなく、新鮮なまま入ってきた野菜を店内で仕込み使っているため、いつでもシャキシャキ、新鮮そのもので味わえます。

レタス、厚切りのトマト、玉ねぎ、どれをとっても新鮮です
全て国産の野菜を使っているので安心感もあり、野菜も魅力の一つとなっています。

サイドメニューにもこだわっているフレッシュネスハンバーガー

サイドメニューはオニオンリング、フライドポテトなどがありますが、こちらにもこだわりが詰まっています。
オニオンリングに利用されている玉ねぎは、オニオンリングに最適といわれているアメリカ産のスパニッシュスイートです。

オニオンリングの衣は、トウモロコシの粉を使っていることでサクサクと食感がよく、玉ねぎの甘さを引きたてています。
サクサクといくつでもたべられる軽い食感のオニオンリングです。

ハンバーガーのサイドメニューの定番といえばフライドポテトですが、フレッシュネスハンバーガーのフライドポテトは、北海道の契約農家で収穫したジャガイモのみ、利用しています。
創業当初からこだわっているフライドポテトもカリッとした香ばしさとホクホクの食感が貯まりません。
パティにも野菜にもサイドメニューにも、ハンバーガーに関係するものすべてにこだわっているのが、フレッシュネスハンバーガーです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です