コージーコーナー


画像引用:http://www.cozycorner.co.jp/index.html

銀座コージーコーナーとは

銀座一丁目に銀座コージーコーナーという店が存在しているのですが、どのような店なのでしょうか。
銀座コージーコーナーは、主に洋菓子を中心に販売している店舗で、中にはカフェを併設している店舗も存在しています。

他にも軽食を取ることが可能なレストランを併設しているような店舗もあるのですが、現在では日本全国でどんどん新しく店舗が開業しています。
現在ではインターネットでも注文を受け付けていて、洋菓子を中心に販売を行っています。

メニューは非常に豊富なので、じっくりと選んで購入するべきなのですが、店舗でじっくりとメニューを選んでいると、混みあっている時には他のお客に迷惑になるものの、インターネットであれば何時間迷っても誰にも迷惑をかけることがないので、他人の目を気にすることなくじっくり選べるという利点があります。

日本全国にチェーン展開している

現在銀座コージーコーナーは日本全国で店を出しているので、北は北海道から南は沖縄まで多数の店舗が存在しています。
47都道府県の中にはまだ店舗が存在していない地域もあるのですが、現在新たな店舗がどんどん開業しているので、今後店舗が新しくできる可能性もあります。

そんな中でも本店が銀座にあり、本部が新宿にあるので、当然人口が最も多い東京に銀座コージーコーナーの店舗が最も多くなっています。

近年はスイーツブームになっていることから、他店に負けないように色々なキャンペーンを実施しているのですが、やはりケーキなどを中心とした洋菓子がメインとなっているので、入学式や卒業式、クリスマスなどの季節に最も多くキャンペーンが行われています。

銀座コージーコーナーという会社について

銀座コージーコーナーは昭和23年に銀座六丁目で1号店をオープンしたのが始まりとなっていて、昭和30年には大成食品として法人営業を開始しました。現在の銀座コージーコーナーという名前の会社になったのは昭和41年です。

昭和49年には東武百貨店などの大手デパートにも店舗を設立し、昭和61年には東京都知事賞を受賞しており、平成9年にはモンドセレクションも受賞しています。
このように歴史のある会社となっているのですが、おいしいものを提供したい、従業員にも誇りを持って働いてほしいという理念があるからこそ成功できたと言えるでしょう。

食品を自社で製造している銀座コージーコーナーですが、やはり食品で最も大切なことは衛生管理となっているので、衛生管理を徹底しているのは当然のことです。

特に川口工場ではISO22000認証を取得し、より品質管理や衛生管理を徹底して行っていることがわかります。
そんな銀座コージーコーナーは、平成26年現在では日本全国に約400店舗、自社工場が3つ存在するほど大きな企業へ成長を遂げました。