びっくりドンキー


画像引用:https://www.bikkuri-donkey.com/

もともとは小さなカフェとして誕生したびっくりドンキー

現在は、ハンバーグ、カレーなどのディッシュ料理を食べることが出来るお店として知られている、びっくりドンキー。
全国各地でチェーン店として存在しており、とてもチェーン店とは思えない、重厚で満足感のあるハンバーグを食べることが出来ると、多くの方から支持されています。
一人ではもちろんですが、特にファミリー層、学生層から人気が高く、ワイワイ楽しみながら、ハンバーグに舌鼓を打つことが出来る店舗として活用されています。

そんなびっくりドンキーですが、もともとはファミリーレストランとしてではなく、岩手県の盛岡市でハンバーガーとサラダを提供するお店、「べる」として誕生しました。
1968年誕生当時、こじんまりとしたお店ではあるものの、連日お店には多くの人が押し掛け、人気店として人々に愛されていました。

そんなべるが、主力所品をハンバーガーからハンバーグに変えて、びっくりドンキーとしてお店の名前を変更し、全国チェーンに展開。
お店ごとに様々なこだわり、特徴を持つびっくりドンキーは、地元住民からだけではなく、多くの人から愛されるハンバーグショップとして成長を遂げました。

ディッシュハンバーグの原型は当初のお店からあった

びっくりドンキーと言えばやはり、お皿の上にご飯やサラダ、ハンバーグが一緒に乗っているプレート、ディッシュハンバーグが定番メニューです。
一皿で全てを賄っているこのディッシュハンバーグのファンは多く、びっくりドンキーに行ったら必ず注文をしているという方も少なくないでしょう。

このディッシュハンバーグは実は、お店の名前を変える前から、べるの時代から存在をしていました。
主力商品をハンバーガーからハンバーグに変える際に、試行錯誤の末に開発されたのが、このディッシュハンバーグ。
一皿にまとまることでおしゃれに見えるのはもちろん、食べやすく、何となくお得な気分を味わうことが出来る点が、魅力といえるでしょう。

びっくりドンキーは他にも、べるの時代の名残で、様々な種類のドリンクが販売されています。
カレーやハンバーグにぴったりのドリンクばかりで、思わず何杯も飲みたくなってしまうほどの美味しさが特徴です。

びっくりドンキーの名前の由来はやっぱりロバ?

直訳すると、驚いたロバになる、びっくりドンキー。
ドンキーの由来はその名の通り、まぎれもなくロバから取られています。

ロバは、非常にゆったりとした足取りで歩いていきますが、その目は常に、やさしさや愛情に満ち溢れています。
そんなロバのように、のんびりゆっくりでも良いから少しずつ前に進んでいく、たくましく育っていくことを目標として、この名前が付けられたそうです。