デリバリースタッフ

デリバリースタッフの条件と仕事内容

飲食業の中には出前を行っている店もありますし、出前を専門に行っているような店も存在しているのですが、このように出前を担当している人のことをデリバリースタッフと呼んでいます。

しかし、デリバリースタッフになるためには通常原付免許を持っていなければいけませんので、残念ながら原付を運転できる免許を持っていないと、デリバリースタッフの仕事はできません。
中には自転車で配達するような飲食店もあるのですが、滅多に求人を発見することはできません。

通常は原付で個人宅や会社まで配達をして、商品を渡すと共にお金を受け取って帰るのが一般的なのですが、よくあるミスが料金を間違えてしまうというパターンです。

お釣りを余計に渡してしまう場合や、お釣りが足りない場合がよくあるのですが、お釣りが足りない場合にはお客から間違っていると指摘されることが多くなっています。
しかし、余計にお釣りを渡してしまった場合には、あまり指摘してくる人は少ないので、計算が合わない分は自分のお金で支払うようになるので注意しましょう。

また、店屋物を配達するような仕事や、寿司を配達した場合には、次の日に丼や桶の回収作業を行う必要もありますし、仕事が少ない場合にはポスティングを行うのもデリバリースタッフの仕事内容なので、ただ料理を配達していればよいという訳ではありません。

更には可能な限り早く料理をお客に届けなくてはいけませんし、当然交通ルールは厳守しなければいけませんので、とても厳しい仕事でもあるのです。

最も多くデリバリースタッフを募集しているピザ

デリバリースタッフを最も多く募集しているのはピザ屋なのですが、ピザ屋で仕事をしているスタッフの多くは学生や20代の若い人が中心となっていて、アルバイトで募集をしているのが一般的です。

もちろん原付免許がなければ仕事はできませんので、原付免許を持っていることが必須条件となります。また、いきなり配達を任せられるという訳ではありませんので、最初はベテランのスタッフと一緒に配達を行います。

昔は30分以内に届けらなければ無料になるといったサービスが一般的でしたが、現在では交通ルールを厳守するためや、宅配エリアを広くして顧客獲得を目指していることから、このような時間厳守のサービスは行っていません。

ただし、注文時にはこのぐらいの時間で配達しますという案内をするのが一般的になっています。

ピザ以外のデリバリースタッフ

ピザ屋以外でも現在ではデリバリースタッフを募集している飲食店があるのですが、それは宅配寿司や弁当屋、カレーショップなどが一般的となっています。

他にも昔からそば屋やラーメン屋でも出前を行っているのですが、現在ではそば屋やラーメン屋の出前は少なくなっているので、デリバリースタッフを雇わないで、店の人が直接届ける場合も多くなっています。
また、昔のように自転車で届ける店は少なく、大半の店が原付やバイクでの配達となっています。