キッチン

未経験でも安心

飲食店には未経験者もたくさん働いているのですが、飲食店にも色々な仕事があり、ホール担当者やキッチン担当者などがいます。
キッチン担当者の仕事は、料理を作るのが主な仕事になるので、ホールスタッフのように接客をすることは少なくなっています。

よって接客が苦手という人はキッチンスタッフの仕事を選ぶべきなのですが、キッチンスタッフは経験者でなければ厳しいのではと考えてしまう人も多くなっています。

しかし、実際には大半が未経験者となっていますし、中には今まで全く料理を作ったことが無いという人でも働ける現場となっています。
料理というのは製造技術と同じで慣れるまでは大変ですが、比較的得手不得手が少ないですし、個人差はあっても努力すれば必ずうまくできるようになります。

しかも最初の内は誰でもできるような仕事を任されますし、比較的大きな飲食店であれば、きちんと分業になっているので未経験者でも安心です。

忙しい時と暇な時がある

飲食店にはかき入れ時と呼ばれている時間帯があり、レストランなどでは昼や夜にお客が集中して来店するのですが、その他の時間帯にはあまりお客が入らないというのが一般的です。
また、居酒屋などではかき入れ時というのは殆どなく、常に忙しくなっているのが一般的なのですが、かき入れ時が無い飲食店は居酒屋ぐらいなものでしょう。

他の飲食店は昼に営業を開始し、夜に店を閉めるため、比較的営業時間が長くなっているので、ゆっくりできる時間帯がかなり高い確率でできるのです。

一方で居酒屋の場合には営業時間が夜だけになっている場合が多く、中には朝方まで営業している場合もあるのですが、終電が過ぎたころには客足も少なくなっていることが多くなっています。このように多くの飲食店では忙しい時と暇な時があるので、キッチンスタッフの仕事をする場合には、暇な時に食事をしたり、休憩を取ったりするのが一般的です。

キッチンスタッフの仕事

キッチンスタッフは料理を作るのが主な仕事ですが、お客の出入りが激しい店では調理をする機械が導入されていることも多いので、機械化されている部分を新人が担当し、人が手を加える部分をベテランが担当することも多くなっています。

もちろん全ての店で調理をする機械が導入されている訳ではないので、新人であっても簡単な作業は新人が担当します。
ただし、忙しい時にはスピードが要求される仕事でもあるので、素早く動くことが苦手な人には厳しいですし、最初はかなり大変であることはいうまでもありません。

やはりキッチンスタッフはスタッフ同士の連携がとても大切になるので、スタッフとしっかりコミュニケーションを取って良い雰囲気を作ることが楽しく働くコツと言えるでしょう。

また、簡単な調理であれば家でもできるので、時間があれば練習しておくと、仕事で役に立ちます。このような向上心を持つことがスキルアップにも繋がってくるので、料理が好きということがキッチンスタッフに求められている資質です。