バンケットスタッフってどんなことするの?

ホテルの披露宴やパーティーを幅広く担当

バンケットとはパーティー会場を指し、その会場と厨房などの橋渡し役となるのが、宴会サービスとも呼ばれるバンケットスタッフです。
具体的にはホテルや結婚披露宴会場等で開かれるパーティーの会場において飲食サービスを提供するのがメインの仕事です。
ホテルは披露宴だけでなく各種式典等のパーティー会場に使われることも多く、この部門はホテルの収益を確保する柱の一つとなっています。
バンケットスタッフは、そのパーティー会場の準備や接客サービスなどを主に担当します。
そしてパーティーが滞りなくスムーズに進行出来るよう、また参加者がくつろいで快適な時間を過ごせるよう演出・サービスするのが任務です。

バンケットスタッフのやりがい

大人数が出席する大規模なパーティーで参加者全てに同時に同じ料理を配膳しなくはいけないので、細かな気配りやチームワークが欠かせません。
また、あらかじめ区切られた時間内に全てを終了させないと次のパーティー開始が遅れるという事態に陥ります。

さらに、パーティー参加者の質問や疑問に答えられるように料理やワインに関しての深い知識を有し、ふるまわれるコースにふさわしい食器やカトラリーの配列順や飲み物・料理皿の配膳スキルに熟知していなくてはいけません。
このようにパーティーがスムーズに進行し滞りなく終了するためには必要不可欠な存在で、順調にパーティーを終了させる重要な責任を負っているのです。

日々様々なパーティーが開かれ、多くの出席者と直接触れ合える仕事なので、新たな発見に出会えます。
結婚披露宴の場合は、新郎と新婦の一生に一度の幸せそうな笑顔を見る事もやりがいの1つで、時間的に詰まったパーティーで円滑な進行が出来ると充実感を得ることが出来ます。

バンケットスタッフに向いている人

会場内で多くの人と接する仕事であり、人と接する事や話をする事が好きで、細かな気配りができチームワークもとれる協調性を持つ方に向いた仕事です。
また、料理やマナーなど覚えることが多い点からは、料理に関心を持ち知識を吸収しようとする方に向いています。

バンケットスタッフの将来性

パーティーが込み合う時期は多くのスタッフがいるため求人は多い状況にあります。
経験を重ねて、会場全体の進行具合や次のパーティーの時間等を勘案して、的確にスタッフに指示を出すバンケットキャプテンを目標にすることも出来ます。
バンケットキャプテンは、広い視野を持って的確にスタッフを動かし、スムーズに進行させる指揮官・監督の役割で、責任はさらに重くなることは間違いありませんが、その分やりがいも大きくなります。
関連資格もホテル実務技能認定試験をはじめ多数用意されており、ステップアップの良いモチベーションになります。