バーテンダー


夜の仕事でバーテンダーを目指している人たちもいます。
バーテンダーとはどのような仕事なのでしょうか。
そして、どのような方法でなることが出来るのでしょうか。

バーテンダーの仕事とは

バーテンダーの仕事で大事な役割は、お客様とのコミュニケーションも一つです。
お客様の中には、バーテンダーとの話しをするのが楽しみだと言う人たちも少なくありません。

そのためのあなたのコミュニケーション能力は磨かれているでしょうか。
バーテンダーの経験がないと言うのでも、学生時代に、そのコミュニケーションを磨く方法ならいくらでも見付けることが出来るはずです。
ゆとりのある時には、そのようなことも視野に入れて生活すると言うのもバーテンダーにとって大事なことです。

そして、バーテンダーのテクニックを期待しているお客様も多くいます。
お客様に喜んでもらうことが出来るテクニックを期待出来るまでかなり時間を要するでしょうか。

技は着実に積み重ねていかなければなりません。
お店によって、下積みの時代があり、閉店後に一生懸命練習という場合もあります。

お酒類に関する知識はもちろん、実際にカクテルを作る技術が必要です。
年に一度、プロのバーテンダー同士が創作カクテルやフルーツの盛り付けなどといった技術を競う、全国バーテンダー技能競技大会も開催されています。
そこで入賞することができれば、バーテンダーとして知名度をよりアップすることが出来ます。

バーテンダーになるのに

バーテンダーになるのに、 どのような資格取得が必要と言うことではありません。
まず、バーテンダーの専門学校やバーテンダー養成スクールへ行くというのが一般的です。

基礎は、バーテンダーにとってもとても大事なことです。
下積みから始まり、実務を通じて知識と経験を磨くことが必要です。

正社員採用と言う場合もありますが、実務経験が優先されることも多く、まずはアルバイトと言うのも選択肢の一つです。
アルバイトなら、未経験と言う人たちも、やる気があれば何処でも雇ってくれるでしょう。
学歴が問われると言うこともほぼありません。

女性でも、最近ではバーテンダーを目指している人たちが多いと言われています。
就職先を探すのであれば、求人は飲食系を取り扱っている求人情報サイトや、お店のホームページや店頭の告知などに掲載されているのでそこから応募することができます。

バーテンダーのスクール

バーテンダーになるため、絶対に学校へ通わなければ駄目と言うことではありません。
未経験でも採用されるということはあります。

しかし、スクールを卒業したということになれば、就職の面接でも、より有利になる可能性はあります。
そして、自身のバーテンダーとしての自信にも繋がるのではないでしょうか。
バーテンダーのスクールでは、独立開業と言うことまで教えてくれるので、将来のためには決して無駄なことではありません。