カフェプランナーってどんなことするの?

カフェ開業・運営のエキスパート

カフェ運営に当たり求められる様々な専門知識とスキルを有し、カフェの開業・運営に関して支援する仕事です。
求められる知識は、立地などの不動産分野・オーナーのコンセプトを的確に表現できる店舗の内・外装の建築分野、メニュー提案・スタッフ管理などのマネジメント分野、食材仕入れの他運営全般に及びます。
実際にカフェプランナーとして活躍する方の大半は、自分で起業してカフェ経営を軌道に乗せて成功した経験を持って、独立して活動します。

カフェを始めたい方には、起業から経営に求められるスキルを指導し、カフェ経営が不振だという悩みを持つ方には、問題点や解決策を指摘します。
プランナーの肩書で生計を立てるには、カフェ運営全般の知識に加え、有力な広い人脈を持ち、業界内で信頼を勝ち取ることが重要です。

カフェプランナーの資格と向いた方

カフェをビジネスとして成功に導くには、美味しい豆の選び方、コーヒーの煎り方・入れ方、事業としてのカフェ経営に至るまで様々なノウハウが必要です。
従来は、コーヒーに関する件とマネジメントに関する件は、個別に習得しなくてはいけませんでした。
日本カフェプランナー協会は、両方の知識やスキルを1つの資格として体系化した資格として認定し、多数のビジネス現場に送り出しています。

この資格をコーヒーを取り巻く知識として終わらせる事のないようにとの考えから、スキルとして体に覚えさせることに重きを置きます。
そのため、筆記試験とは別に審査員立会の下で実技試験が行われ、知識のバックグランドを持つ厚みのあるスキルを目指します。
プランナーに向く方はその資格の使い方によっても異なり、自分で起業しようと考える方であればコーヒーに興味があることに加え、人との会話が好きでなくてはいけません。
アドバイザーを目指す方であれば、さらにマネジメントスキルや経営感覚に優れた方に向いています。

カフェプランナーの将来性

カフェプランナーの活躍が期待されるのは、自分自身のカフェ経営だけではありません。
広範囲に展開している既存の大型チェーン店のコンサルタント、食材商社のカフェオーナーに対する業務支援や付加価値を提案するスタッフ、カフェやレストラン経営に関する出版本の執筆など、様々なフィールドがあります。
また、カフェ開業は近年の働き方改革で定年後も仕事を持つという動きの中で人気の仕事となっています。

このようなことを考え合わせると、将来のカフェプランナーの活躍の場はさらに広がると考えられます。
日本カフェプランナー協会が認定する資格は、1~4級まで分類されており、ステップアップの良いモチベーションとなってくれます。
スタートは4級からで順次1段階ずつステップアップを目指します。
例えば4級で習得する技能は、基本的なコーヒーと紅茶の入れ方と正確な器具の使い方です。

受験資格は次の3つのいずれかに該当する事が必要です。
1.協会が実施するカフェズ・キッチン講座を受けた事2.カフェなど飲食店における実務経験を1年以上有しており、かつ協会の受験資格認定講習会受講3.実務経験が1年未満のケースでは指定スクールが実施する4級試験対策コース受講。