料理研究家ってどんなことするの?

明確な定義のないおいしい料理を追求する研究家

料理研究家は定義の定まっていない漠然とした職業名の表現です。
TVの料理番組に出て作り方を解説する方は、おおむね料理研究家の肩書で出演しますし、クッキングレシピ関係の書籍を執筆する方やクッキング教室の講師も料理研究家と呼んでもおかしくありません。
街のレストランのシェフも美味しい料理や新作料理を探求する意味で料理研究家と呼べます。

さらにTVや書籍の写真などで料理をキレイに美味しそうに見せるコーディネーターも料理の視覚に関する料理研究家と言えそうです。
つまるところ、料理研究家は、名乗る方のスタンスにより仕事内容が異なる点が特徴です。
クッキング教室の講師なら、いかに簡単に経済的な料理を考案し、レシピを伝えられるかというスタンスです。
街の創作料理をウリにするレストランのシェフなら、季節の旬の素材をどう調理して喜んでもらえる料理を新たに生み出すかがスタンスです。
料理研究家はそれぞれのスタンスに沿った調理法を日々考え、試行錯誤しながら料理を完成品へ近づけるのが仕事なのです。
また、完成した料理をどういう形で食べる方に知ってもらうかも考え、最適な方法で知ってもらえるよう努力することも仕事の範疇です。

料理研究家の資格

資格や技術など決められたものはありませんので名乗ることに関しては全く自由ですが、これで生計を立てるには厳しい狭き門と言わざるを得ません。
研究家としてのスタンスを確立して、それに沿って、例えばある国の郷土料理を極めるスタンスであればその国へ留学して修行するなど、オリジナリティを出す必要があるでしょう。

料理研究家に向いた方

仕事内容が幅広いことから、求められる性格などのタイプもさまざまです。
忙しい主婦のために簡単に出来て経済的な家庭料理を研究するのか、あるいは家庭では食べる事の出来ない究極のグルメ料理研究を目指すのかによって、自ずとタイプは変わってくるのです。
例えば健康志向の栄養バランスを重視した美味しい料理の研究家を目指す方であれば、自ら健康に高い意識を持つ方や豊富な栄養知識を持つ方が向くと言えます。

また、「食」を通じて食べる人に喜んでもらいたいという気持ちも重要です。
しかし、いずれにせよ共通して言えることは、「食」に関して高い関心を持つ事と、それぞれの研究スタンスに沿って粘り強く日々試行錯誤の努力を重ねる探究心と向学心を持つことが絶対条件です。

料理研究家の将来

人間は生きていくために食べることとは切っても切れない関係にあります。
出来れば「より美味しいものを」「忙しい時にはできるだけ簡単に」「長生きしたいからより健康志向に」と食に関する欲望は尽きる事がありません。
その証拠にTVではいくつもの料理特集が組まれ新たなレシピなどが提案され続きます。
このことを考えれば、自身のスタンスを確立して研究を進めれば、料理研究家の活躍の場は広がっていくと考えられます。