調理師

料理を作るプロ

レストランやホテル、料亭といった感じで外食できるお店は日本中にたくさんあります。
このような料理店で調理をし、メニューの提供をするのが調理師です。

ちなみに調理師と呼ばれることは少ないです。
料理の種類によって変わり、洋食はシェフやコック、和食であれば板前などと呼ばれることが多いです。

ファミレスの調理スタッフをはじめとして、一部調理師免許を持っていない人がキッチンスタッフを担当するケースもあります。
しかし調理の仕事を本格的にやってみたいと思うのであれば、調理師の免許を取得すべきです。

調理師になると専門性の高い技術を駆使して、お客さんに喜ばれるような料理を提供します。
またその他にも食材の仕入れやメニューの開発なども任されるケースもあります。
調理をする時には食中毒などのトラブルを起こさないために、衛生管理を重視することも重要です。

調理師になるにはどうすればいい?

調理師は国家資格になります。
調理師の資格を取得するためには、調理師学校を卒業するもしくは2年以上の実務経験を積み、その上で、調理師の国家試験を受験し合格することで免許が交付されます。
基本的な調理技術と応用力を身に付け調理技術を高めるためにも、専門学校等でプロの講師から学ぶ人は多くいます。
≪参考スクール≫調理の専門学校【レコールバンタン】

しかしながら調理師免許を取得して、いきなり料理を任せられることはまずないと思ってください。
まずは下積みとして、いわゆる雑用を任されることになります。

店内や調理場の掃除や調理器具の準備、仕込み、後片付けといった地味な仕事を任されます。
かなり最初の内はハードな可能性があって、場合によっては早朝から深夜まで、1日のほとんどが勤務時間ということもあります。

厳しい環境で、脱落してしまう人もいるようです。
しかしこの厳しいハードルを乗り越えられないと、一人前の調理師として認められない世界だと覚悟しておいてください。

調理師の将来性は

調理師というと、レストランや料亭といった料理を提供するお店で仕事をするものと思っている人も多いようです。
確かに飲食店に就職して活躍している人は多いです。
しかし一方で、そのほかのジャンルでも活躍している人はいます。

例えば学校では給食、病院では入院患者のための食事を提供しています。
この料理を作る人の中には、調理師免許を取得している人も多いです。
また一般企業でも社員食堂を抱えている所も大企業には特に多く、社員食堂で調理をする調理師もいます。

レストランや料亭で、調理長のような上のポジションにつくと、新メニューをどうするかなど自分の意見を通して仕事ができます。
しかし学校や病院、一般企業の場合、栄養士の考案した献立に則って作ることが多いです。
創意工夫はできなくなるかもしれませんが、拘束時間は飲食店と比較すると短いというメリットもあります。

このように調理師の活躍できる場所は幅広いです。
また将来は独立開業して、自分のお店を持つことも可能なので夢のある職業とも言えます。