栄養士

栄養士の仕事内容

栄養士は、食事の管理をして提供する仕事になります。
私たちは日々の食事の中から、生きていくのに必要な栄養分を摂取します。
ただし栄養バランスが偏っていると健康を害し、時に深刻な病気を引き起こす可能性もあります。

そこで栄養バランスの整った献立を考えて、人々の健康をサポートするのが栄養士の役割です。
ただしただ単に栄養バランスがとれていても、料理の組み合わせが悪ければ、食を楽しめません。
そこで栄養バランスの他にもおいしさを感じられるような献立を考えるのが、栄養士の重要なポイントです。

栄養士の就職先はいろいろとあります。
給食のアドバイスをするために学校、患者の入院食の献立を考える病院へ就職する人は多いです。
また子供を対象にするという意味では、保育園や幼稚園に就職する栄養士も多いです。

またスポーツ栄養士として活躍している人もいます。
アスリートが十分なパフォーマンスを発揮するためには、食生活が重要です。
そこで必要な栄養分を摂取するためのメニューの考案などにも携わるケースも見られます。

栄養士になるためには

栄養士免許といって国家資格ですから、まずは資格取得を目指す必要があります。
高校を卒業したら、栄養士養成施設を兼ねた大学や短大、専門学校で所定のカリキュラムを修了します。

もし大学や短大、専門学校を卒業できれば、試験なしで栄養士の免許が取得できます。
そして資格を使って就職活動をするのですが、一般的には病院や学校、福祉関連施設、食品メーカー、最近では一般企業でも栄養士の人材を求めるケースも出てきています。

ちなみに栄養士の資格を取得して1~3年程度の実務経験を踏むと、管理栄養士の国家試験の受験資格が与えられます。
管理栄養士は栄養士の上級資格になるので、資格取得しておくと就職の可能性もアップしますし、より重要な責任感のある任務を任される可能性も出てきます。
キャリアアップのため、管理栄養士の資格取得を目指す栄養士は多いです。

栄養士の将来性

栄養士のニーズは今後も高い状態で推移していくと考えられています。
そのカギを握っているのが、高齢化社会です。
今後ますます高齢者が増え、高齢者の生活の拠点として福祉施設は重要になります。

高齢者が少しでも健康的に生活を送るためには、食事の献立が非常に大事です。
栄養バランスを考え、かつおいしく味わえるような組み合わせを考えるには栄養士の専門性が求められます。

また高齢者の中にも、いろいろな人がいます。
成人と同じような食事の食べられる人もいれば、歯がないのでやわらかいものしか食べられない、中には流動食しか受け付けないような人もいます。
それぞれのニーズに合った食事を、しかも栄養バランスのケアもしながら提供できるような栄養士が今後ますます求められます。