フードコーディネーター


カタカナ語が並び、一体それがどのような仕事かストレートに判らないという人たちもいるのでしょうか。
現在「フードコーディネーター」という仕事にも多くの関心が現在集まっています。

フードコーディネーターという仕事

まず、フードコーディネーターとはどのような仕事かと言うことからお話しします。
現代社会において、食の世界が大きく変化していると言われています。
それはどんどん細分化へと向かうベクトルです。

その中で、フードコーディネーターは、食のスペシャリストとして、それぞれの分野を複合的にコーディネートして行きます。
フードコーディネーターは、食品の開発やレストランをはじめとする飲食店のプロデュース、販促やメディアの企画など、あらゆるフードビジネスに関わって行きます。

食べ物とは何か

ここにリンゴがあります。
もちろん、食べ物とはそのようなことを言うのですが、この現代社会での食は、ただここにリンゴがあると言うことだけでなく、モノに関わり、ヒトに関わり、更にコトに関わる仕事です。

そして、それを包み込むようにしている情報にも関わる仕事です。
ヒト・モノ・コト、更に情報に精通する人になるため、プロフェッショナルにならなければならないのです。

フードコーディネーターになるため

フードコーディネーターになるためどのような方法があるのでしょうか。
実際にはフードコーディネーターという仕事に特別資格取得が必要ということではありません。
資格取得も、学歴もなく自由にフードコーディネーターになることが出来ます。

調理系の専門学校で学んで、食品関係の企業に勤務して、または料理学校などでフードコーディネーターの仕事をしている人たちもいます。
一般の学校を出て、まずはフードコーディネーターのアシスタントからという人たちもいます。

このような仕事は、いきなりフードコーディネーターと言うことでなく、社会で鍛えられて、経験によってより大きな仕事が出来、信頼も生まれて来ます。
まずは側にいる先輩をしっかり見つめ、ついて行く気持ちが大事です。

フードコーディネーターはどの程度のお金がもらえるか

フードコーディネーターの仕事は、どの程度の給料をもらうことが出来るのでしょうか。
フリーランスという場合、会社に勤めている場合とはちがい、毎月一定の収入が得られるわけではありません。

当然、自分で仕事をとってこれなければその月の給料は0円になります。
経験と信頼がより収入の額を増やして行くでしょう。

やがて年収300万円以上は稼げるようになるはずです。
名が知れれば、年収1000万円以上と言うのも決して夢ではありません。

いかがでしょうか。
店舗プロデュースや市場開発などまだまだフードコーディネーターに期待される仕事は幅を広げています。
自分の個性を活かすと言うのでもこのような仕事は有効的方法です。