フードスペシャリスト


フードスペシャリストとは、 食の本質を学ぶことです。
食の美味しさ、楽しさ、おもてなしなどを学び、幅広い技術と知識を身に付けて行きます。
フードスペシャリストという分野に現在多くの注目が集まり、食品の開発や製造にはじまり、その流通と販売まで幅広い場所での活躍が期待されています。

フードスペシャリストとは

フードスペシャリストという仕事は、食に関われるすべての消費者に快適な生活を提供します。
総合的、体系的な知識や技術が、消費者に安心出来る生活を提供します。

多くの消費者が、食に満たされているのかと言えば、現在決してそうではなく、ダイエットで朝食を抜いたり、スマホに夢中でジャンクフードばかりに頼る若い人たちや、更に忙しくて三食まとも食べていないと言う人たちもいるかもしれません。
高齢化社会の問題も考えていかなければなりません。

食に現代社会の人たちが満たされているかと言えば決してそうではありません。
現代社会においてそのようなギャップを埋めるのもフードスペシャリストの役目ではないでしょうか。

フードスペシャリストの資格とはどのようなものか

フードスペシャリストは、 食に関する知識・技術の間口の広さが特徴です。
食に関する幅広い知識、技能が更に求められています。

まず大学・短期大学で食についてしっかり勉強をしましょう。
協会の正会員である156 の大学・短期大学等において、協会が「フードスペシャリスト養成機関」として認定した栄養学科、食生活学科、家政学科など特定の学科を卒業する必要があります。

フードスペシャリスト論、 食品の官能評価・鑑別論、 食物学に関する科目、 栄養と健康に関する科目、食品の安全性に関する科目、 調理学に関する科目、食品流通・消費に関する科目、フードコーディネート論などを勉強します。
そしてフードスペシャリストになるため、資格認定試験を受けます。

フードスペシャリストはどのような分野で活躍出来るか

フードスペシャリストは特に食品産業などで多く活躍をしています。
食品メーカー、食品小売業、レストラン、食品流通業、などの飲食・外食産業と言ったところです。

フードスペシャリストは、食品の開発・製造からはじまり流通や販売、外食、消費に至る分野まで、食関係の広範な分野での活躍 出来ます。
フードスペシャリストは、 食に関する高度な専門知識・技術を持ち、 流通・販売者・消費者に対して食に関する的確な情報を提供します。

そのために多くの情報・知識を収集しなければなりません。
更に食に関する消費者のクレームを処理するというのもフードスペシャリストの役目であり、だれもが快適に飲食ができるような空間をコーディネートする重要な仕事です。フードスペシャリストは、非常に食の世界で幅広く活躍出来る舞台が用意されています。