介護食士

介護食士の仕事内容

高齢化が進んでいることもあって、介護職員が今後ますます必要とされます。
介護職員は高齢者の身の回りのお世話をするのが主な仕事になります。
その中には、食事の提供も含まれます。

高齢者にとっても食事は生きていくために欠かせないものです。
ただし一般成人と比較すると、いろいろな制約の伴う可能性があります。

病気を抱えている人の場合、特定の栄養分を多量に摂取できない人もいるかもしれません。
また歯や嚥下の力が弱くなっている人は細かく食べ物を砕く、もしくは流動食にしないといけない可能性もあります。

このように高齢者の介護職は、通常とは違った配慮をしていく必要があります。
そこで介護食士の資格があるのです。

介護食士は内閣総理大臣認定で全国調理職業訓練協会という公益法人が主催している認定資格です。
介護の仕事をしている人たちの技術向上を目的で設置されました。

介護食士になるには

介護食士の資格は1~3級に分けられています。
介護食士3級は誰でも受験できる試験となっているので、介護職に興味を持っている人は一から勉強をするために適しています。

ただし3級試験を受験する前に、全国調理職業訓練協会という社団法人が認定する施設で医学の基礎知識や栄養学、食品学、調理実習などの72時間のカリキュラムを受講しないといけません。
2級以上の資格を取得するには受験資格があって、2級は3級資格、1級は2級資格を取得していないといけません。

その他には、関連する資格をすでに取得していて、その資格を使った実務経験を有している人には受験資格が与えられます。
2級試験では調理師・栄養士の資格があり2年以上の実務経験があれば受験できます。
1級試験を受けるには、調理師・栄養士の実務経験が5年以上、調理技能士・専門調理師・管理栄養士・職業訓練指導員の実務経験が3年以上あれば、受験資格が得られます。

介護食士の活躍できる場

介護食士はやはり介護関係の施設でその資格を生かし活躍している人が多いです。
有料老人ホームやグループホームといったところで資格をもっていると、就職活動は有利に進めやすくなるはずです。

その他には、介護ヘルパーやケアマネージャーのアドバイザーとして活躍している人も見受けられます。
日常生活介助が主な仕事で、利用者に料理の提供をすることもあるからです。
この時介護食士の専門知識が生かせるわけです。

今後はさらに介護食士の需要は広まりを見せるとみられています。
たとえば外食産業の中には、高齢者向けの食材宅配サービスを行っている所もあります。

高齢者の中には、嚥下機能が低下している人も少なくありません。
ですから食材によっては、つまりを起こす可能性も十分考えられます。
つまりを起こさず安心して食事のできる献立や調理の仕方をアドバイスするのに、介護食士の知識が求められます。