栄養教諭ってどんなことするの?

学校における栄養管理・指導が任務

2005年4月からスタートした比較的新しい教職の資格制度で、小・中学校・高校における児童・生徒に対する食に関する指導や給食管理・運営が主な任務です。
学校での食育教育を推進する機運が高まり指導体制の整備が不可欠と考えられるようになりました。

これまであまり知られていなかった各種食材によるアレルギーや肥満・偏食等の食生活の乱れの課題を持つ子ども達が増え、社会問題ととらえられるようになったのです。
その子供たちに個別指導をしたり、家庭科などの科目授業や校内イベントを活用して食と栄養・健康に関する教育・啓もうを行ったりします。
栄養士資格も併せ持つ事から、給食の栄養管理や衛生管理を兼務で担うケースもあります。

食は日々の生活全分野に関連があるため、校内における生徒指導だけでなく、子供たちの担任教師や校区団体・保護者など子供を取り巻く環境と連携を保ち適切な栄養指導を実施することが求められます。
特に、近年朝食を抜く子供たちが増加傾向にありますが、規則正しい食生活の確保のためには、家庭の協力は絶対条件です。

栄養教諭になる方法

栄養教諭になるには、栄養士あるいは管理栄養士の資格を持つことが前提になりますので、資格が取得できる大学・短大等に進むことが近道となります。
この資格に加えて栄養教諭免許を取得することが必要で、希望者は上記学校の在学中に教諭免許取得に履修科目を修了して免許を取得しなくてはいけません。

栄養教諭はその有資格者が、他の科目の教諭同様に「教諭」として学校運営主体の採用試験に合格して採用されることが必要です。
栄養教諭は、往々にして栄養士と混同されることが多いのですが、実はそれぞれに期待される役割は異なります。
栄養士は、学校を含め病院、介護施設など、様々な職場で活躍しますが、その内学校で活躍する栄養士に近い職業が「栄養教諭」と言えます。
制度創設前も学校に勤務する栄養士はいたのですが、あくまでも学校栄養職員とされ教育は担っていませんでした。
学校教諭の業務内容は、給食のメニュー作成に限らず、栄養や衛生、食材に関して管理方法などの授業・教育を行う点が大きく異なります。

栄養教諭の将来性

現在、栄養教諭の学校への配置は義務付けられておらず、学校主体の任意に任されています。
しかし栄養教諭は各学校での食育指導体制の要として重要な役割を担っています。
政府の食育推進基本計画の中でも、地方公共団体に対し栄養教諭の全校への早期の配置を要求しています。
政府の思惑通りに栄養教諭の配置がさらに進行し、私立学校への配置が進むとすれば栄養教諭の将来の活躍の場は広がっていくことでしょう。
生活習慣病の増加を踏まえ、各学校では栄養教諭を中心に据えて食育指導の全体プラン計画が作成され、体系的で継続的な食育が進み、国民の健康な生活に資する事が期待されます。