パティシエ

パティシエの仕事内容

洋菓子やレストラン、ホテルなどでケーキやクッキーといった洋菓子の製造をしている人がいます。
このような人たちのことを、パティシエといいます。

パティシエは文字通り、ケーキやクッキーを作るのが仕事です。
ただし就職先によって、仕事の具体的な内容は変わる可能性があります。

小さな店舗の場合、パティシエがすべてのケーキやクッキーの製造工程を一人で担当することが多いです。
ところが大きな店舗になると、分業制をとっている所も多いです。
計量を担当する人や生地づくりを担当する人、デコレーションを専門的に請け負うスタッフといった感じで、限られた工程を担当している所も見られます。

パティシエになるためには、まず何といってもお菓子作りの好きなことが絶対的な条件となるでしょう。
また店によっては、新商品の開発も担当することもあり得ます。
その場合には、クリエイティブな発想なども要求される仕事です。

スイーツの中には、細かな手作業が必要なケースもあります。
緻密さが要求されるので、忍耐力や体力なども意外と要求される仕事だと思ってください。

パティシエになるには

パティシエには国家資格のようなものがありません。
ですから絶対にこの資格を取得しないといけないなどの条件はありません。

一般的には、製菓や調理師の専門学校に入学して専門的な知識や技術を習得する所からキャリアスタートさせる人が多いです。
その上で洋菓子店に就職して、経験を積んでいくコースが多いです。

ただしこのようなパティシエの専門学校に必ずしも通わないといけないというわけではありません。
洋菓子店の中にはパティシエ候補を全くの未経験者から採用して、いきなり実地訓練で鍛える所もあります。

パティシエはほかの資格の必要な職種と比較すると、間口は広いかもしれません。
しかしいったんその世界に入ると完璧な実力主義の世界なので、上に行くためにはシビアな競争を勝ち残る必要があります。

パティシエの現状

スイーツという言葉は広く一般に浸透していることからもわかるように、洋菓子は一つのジャンルとして確立された印象があります。
若い女性を中心として、スイーツ好きの人工もまだまだ多いので需要は今後も続く職種といえます。

パティシエの仕事はただ単にメニューを作るというよりも、アーティスティックな側面もあります。
自分の創意工夫によって、さまざまな作品を作り出すことも可能で、自分の可能性を無限大にまで広げられる世界であるとも言えます。

ホテルや洋菓子店、食品メーカーなどに就職する人が多いです。
しかし将来的には独立開業も可能で、実際店で働くパティシエの中には、自分の店をいつか持ちたいと思って頑張っている人もいます。
ただし個人店を経営していくためには、何か売りとなる特徴がないとなかなか競争に勝ち残れないことも十分認識すべきです。