ソムリエ

ソムリエの仕事内容

ソムリエという言葉を聞いたことのある人も多いかもしれません。
ワインのスペシャリストのことで、お客さんに合ったワインを提供するのが主な仕事内容です。

ワインを提供しているようなレストランやホテルに勤務していることが多いです。
中にはワインの専門的な知識を持っていないお客さんもいるでしょうから、食事ないようなそれぞれの好みに合わせて最適なワインの提案をします。
楽しい食事のお手伝いをする仕事だと思ってください。

ソムリエになるためには、ワインの専門的な知識が当然要求されます。
ワインの品種だけでなく産地の知識や先ほど見た料理との相性を頭に入れていないと、最適なワインを紹介できません。
その他にもワインの品質を落とさないようにするための管理方法などもマスターしておかないといけません。

あくまでもソムリエは、専門知識を駆使してお客さんにおもてなしをするスタッフです。
そこで接客やサービスのプロフェッショナルとしてのマナーなども身に着ける必要があります。

ソムリエになるには

ソムリエの場合、国家資格はありません。
ですから論理上は資格を全く持っていなくても、ソムリエとして仕事をすることは可能です。
しかし専門的かつ広範囲のワインの知識が必要なので、民間資格を取得した方が就職には有利です。

日本ソムリエ協会や全日本ソムリエ連盟といったところが認定する民間資格があります。
ソムリエとして就職するには、まずこれらの資格を取得すべきです。

ただしソムリエの場合、資格取得のための勉強などで身に着けられる知識やスキルは限定的です。
一人前のソムリエになるためには、現場に出て実践的な環境でいろいろな知識やスキルを身に着けると思ってください。

通常レストランなどに就職をしたら、雑務を担当することになるはずです。
接客係としてサービスをしながら、ワインの勉強も続けていき、徐々にソムリエとしてのキャリアを積むのが一般的です。

仕事としてのソムリエの現状

世間一般的に見てもソムリエという言葉は広く浸透した印象があります。
しかし職業としてみた場合、まだまだ発展途上という印象があります。
実際、ソムリエの求人募集というのは決して多くはありません。

日本ではソムリエが一つの職業として確立しているとは言い難いものがあります。
しかし逆にいれば、ソムリエの世界には入り込みやすい環境があるとも言えます。

ソムリエというのは現場における経験がすべてとも言えるので、いきなり就職してお客さんのワインの紹介はできないでしょう。
ただし腐ることなく地道に経験を積んでいけば、活躍の幅も広がっていきます。

ワインに興味はあるけれども、専門的な知識を持っていない人は多いです。
そのような人に適切なアドバイスを送れるソムリエは、これからも一定のニーズはあるはずです。