公認スポーツ栄養士ってどんなことするの?

アスリートの栄養・食事に関するエキスパート

公認スポーツ栄養士は、アスリートやその団体のスポーツ栄養・食事管理に関する知識やノウハウを持つエキスパートで、日本栄養士会と 日本体育協会が共同で認定するという珍しい資格です。
アスリート本人やそれを支える監督やコーチ、トレーナー等のスタッフを含むスポーツの現場は、アスリートの栄養・食事に関する管理能力を高めるなどの食環境を支援する需要が高まっています。
このことはプロスポーツ選手や日本代表などの一流アスリートに限らず、学生スポーツや健康増進を目指す一般のスポーツ愛好家に至るまで多くの方が求めているのです。

チームや競技団体内においては医療と同じように栄養分野のスタッフが専門的見地から支援を行うことが、アスリートが最大のパフォーマンスを発揮するために必要だと認識されるようになりました。
資格取得者の主な勤務先は大学や大学院が多く、次いで病院や地域の活動に従事している方が多いです。
以上の他、独立起業してスポーツチームやプロアスリートの栄養支援をしたり、健康増進センターの講師やフィットネスクラブの栄養指導者として勤めたりするケースも多いです。
また地域行政に携わったり、小・中学校で栄養士をつとめたりと、公認スポーツ栄養士の活躍フィールドは多岐にわたっています。

公認スポーツ栄養士に向いた方

公認スポーツ栄養士は、単に体に良い食事を考えてアドバイスするだけでなく、様々な角度で栄養と向き合います。
アスリートはケガなどの故障が付き物でそれを如何に予防するかの面も日頃の食事において考えていく必要があります。
またすべての食事を管理できるわけではありませんので、アスリートに自覚をもって自己管理をしてもらえるよう、意識させる教育の力も必要です。

また難しい理論も単純化して分かりやすく、日常のシーンに活用できるよう現実的に落とし込んだ説明・解説が求められます。
そして何より、スポーツ栄養に関する幅広い知識とアスリートに信頼してもらえる人間力が求められると言えるでしょう。
スポーツ栄養士の養成課程においては現場で経験を積むインターンシップや難関の検定試験が待っています。
エキスパートになるという強い意志と熱い情熱を持って取り組める方に向いた仕事です。

公認スポーツ栄養士の将来性

実はスポーツ栄養の分野はそれほど歴史のある分野ではありません。
1990年代頃まではスポーツ栄養という言葉自体がまだ普及しておらず、食事を担当するスタッフが試行錯誤しながらアスリートのパフォーマンスがアップする食材・メニューを工夫する状態でした。
しかし、現代においては、スポーツも発達高度化し、医学・栄養学など科学分野も目覚ましい発展を遂げました。
2020年の東京オリンピックを機にスポーツに対する機運は高まりを見せており、それに伴ってスポーツ栄養士のニーズも増加するものと思われます。