食品衛生責任者

食品衛生責任者の仕事内容

食品を提供するのであれば、食品の衛生管理には細心の注意を払う必要があります。
でないと提供した食品を食べた人が、食中毒を起こすなどの健康被害を引き起こす可能性があります。
場合によっては食中毒を起こした人が死亡するという最悪の事態も考えられます。

このようなトラブルを起こさないようにするためには、食品の衛生管理に責任を持つ人材が求められます。
その資格が食品衛生責任者なのです。

食品衛生責任者の資格をもっている人は、施設並びに設備の衛生管理の徹底が求められます。
また従業員を使うのであれば、彼らに対する衛生管理の指導を徹底することも重要な役割です。

ちなみに食品衛生責任者は直接就職先が見つかるとか、収入につながるといった資格ではありません。
ただし自分で飲食店を持ちたいと思っている人は、取得しておく必要のある資格だと思ってください。

食品衛生責任者になるための2つのコース

食品衛生責任者になるためには、大きく2通りのコースがあります。
しかしいずれのコースをたどっても、資格取得にありがちな試験を受ける必要はありません。

1つ目の方法は、講習会を受講して資格取得を目指す方法です。
各都道府県で衛生主管が行っている食品衛生責任者の養成講習会がありますので、こちらに参加することです。
この講習会を修了すれば、資格取得できます。

講習内容は、衛生放棄や公衆衛生学、食品衛生学といった分野です。
講習は1日で終わりますので、空いている時間を見はかって講習会に参加するようにしてください。
地域やタイミングによっては、すぐに定員を充足して募集を打ち切る可能性もあるので、早めに予約をすべきです。

もう1つの方法は、そのまま食品衛生責任者を取得する方法です。
講習会に参加するなど、何もしなくても資格を自動的に取得できるコースもあります。
ただしこちらのコースで資格取得するのであれば、ほかの関連する資格を取得する必要があります。

その資格とは、調理師と栄養士、製菓衛生士、職長処理衛生管理者、船舶料理人です。
これらの資格をもっている人は、手続きをすればすぐに食品衛生責任者の資格は取得できます。

食品衛生責任者で就職は可能?

通常食品衛生責任者の資格取得する人は、自分の店を持つために講習会などに参加していることが多いです。
では食品衛生責任者の資格で就職するのは果たしてどうでしょうか?

食品衛生責任者の資格をもっているというだけで、なかなか就職するのは難しいです。
先ほども紹介したように講習会を受ければ、100%確実に取得できる、言い換えれば誰でも取得できる資格だからです。

ただし乳製品や食肉製品のメーカーに就職した場合、手当が支給されるケースはあります。
このような会社への就職を希望している人は、取得しておいて損はないはずです。