テーブルコーディネーター


食とテーブルも大きな関係があります。
テーブルコーディネーターと言うのも、最近ちょっと話題のようです。

テーブルコーディネーター、果たしてそれは独学で勉強することが出来るのでしょうか。
テーブルコーディネーターとは言わず最近では食空間コーディネーターと言います。

食空間コーディネーター、それは食の空間のスペシャリストのことを言います。
ホテル・レストランをはじめサービス業全般でのプロデュース・アドバイス、インテリアを含めての食空間プランニングのプロデュース・アドバイス、テーブルウェア製造、販売業界での、商品企画のアドバイスなど、いろいろな意味を持っています。

食空間コーディネーターになるには

食空間コーディネーターになるため私達は一体どのような努力をしなければならないのでしょうか。
多くの方々に、食空間コーディネートの知識・テクニックなどの専門性を高めていただくために、最近では資格試験などが実施されています。

食空間コーディネーターは、実際に独学でなることが出来ないものではありません。
しかし、より以上専門性を高めると言うのに、1人で頑張ると言うのもちょっと覚束なく、頼りないと感じます。

段々と食空間コーディネーターが世間で意識されはじめるようになって、周囲の人たちが能力を判断するためにも資格取得ということは大事なポイントであるかもしれません。

3級には誰でも挑戦できますが、2級は3級に合格していなければ受験資格がありません。
2級コースは筆記試験と実技審査が行われます。
筆記試験に合格し、実技です。

筆記試験合格後に「協会認定講師」のもとで実技の講習を受けます。
講習後にはコーディネート作品の写真を提出し写真審査を受けます。

食空間コーディネーターの意義

食空間コーディネーターの知識・技術を身に付ければ、おもてなしの精神を更に高めることが出来ます。
サービスの精神もより極めて行くことが出来ます。

サービス業を考える人たちにも有効的資格です。
料理の関わる人たちにとってテーブルコーディネートの知識と実践をより深めることが出来ます。

食に対してのより以上の感動をお伝えすることが出来ます。
調理師を目指していると言う人たちにも決して無駄になる資格ではありません。

学生のみなさんも、今だからこそ、まだ敢えて言えばメジャーとして考えられてはいない食空間コーディネーターに注目し目指すことが大いなるチャンスへの前進になるかもしれません。

今、「食」に関心を持っている人たちが多くおり、 食空間コーディネーターになると言うのも関心の一つです。
更に食空間コーディネーターは、様々な分野においての深い知識を高めることが出来るとても有意義な能力です。
食に深入り、まずは資格取得をここで意識するべきではないでしょうか。