製菓衛生師ってどんなことするの?

製菓衛生士とはどのような仕事なのか

お菓子作りをしている人にとって、将来自分のお店を持ちたいと考える人が多いです。
美味しいお菓子をお客さんに安全に届けられるようにある資格が、成果衛生士という資格になります。

製菓衛生士はお店を開店するための様々な準備、またお菓子の下ごしらえから販売する商品を実際に作るなど、様々な製菓に関する仕事です。
開店時間になればお客様への対応を行うこともありますし、間にお菓子を作ることもあります。
お店によって分業されていることもあるので、その場合、予約商品を作る担当など、細かく担当が分かれるようです。

いずれにしても、お菓子は人に口に入るものなので製菓衛生士はお客様が安心して食べられる衛生的に問題のないお菓子を提供する仕事になります。
新商品を作るために奮闘することもあり、店舗の経営や一般商品の作成、販売、さらに新商品の開発など仕事は多岐にわたるのです。

製菓衛生士になるための条件とは

製菓衛生士は国家資格であり、試験を受けるためには条件があります。
受験資格は「厚生労働大臣指定の学校で1年以上学ぶ」ことが必要です。
専門学校などに通い製菓について基本的な知識、技術を持っている事が求められます。

専門学校に通うことで製菓衛生士の受験資格を満たせるとともに、実技を覚え知識も基礎からしっかり学ぶことができるのです。
将来、お菓子のお店を持ちたいと思う人は、専門学校で学び、製菓衛生士の資格を取得する方が安心でしょう。

職務経験によっても受験資格を満たすことができる

製菓衛生士は学校に通ってお菓子の基礎知識、技術を学ぶ必要がありますが、試験の条件として現場で2年以上の職務経験があれば製菓衛生士の受験資格を得ることができます。
お菓子のお店などで調理助手という形で2年以上実務経験を積むことで、製菓衛生士の資格を得ることができるのです。

学校に行かなくても将来、製菓のお店で働きたい、お店を持ちたいと思っている方は職務経験で製菓衛生士の試験を受けるといいでしょう。
お店でえた経験はより実践的なトレーニングとなるので、資格を取得することでお店を開く夢もぐっと近くなります。

試験はどこで?合格率は?

製菓衛生士の試験は各都道府県で行われています。
都道府県ごとに多少の違いがありますが、合格率はだいたい70%くらいです。
合格率を見るとそれほど難しい試験と感じませんが、製菓に関する知識をしっかり持っている事が必要となります。

製菓衛生士の試験は衛生関連、食品額などの学科による筆記試験が主軸です。
お菓子に関する衛生、食品や栄養学の知識などをしっかり持っていれば、試験にも対応できるでしょう。
合格率が高いからと油断していると合格できるものも合格できなくなります。