店舗開発ってどんなことするの?

店舗開店の仕事とはどういう仕事?

お店を出す時にはどのようなお店をどこに、どんなふうに作るのかということを考えなければなりません。
店舗開店の仕事に関してはこうした店舗開発計画に基づき、開店する考慮し候補地を決め、周囲にどのような人たちが暮らしているのか、どのような動きのある街なのかなどを調べるなど、お店を開くまでの業務を担当します。

フランチャイズの場合と個人店舗のお店とでは準備の仕方なども違うので、どのような業態のお店を開くのかによって準備の仕方を考えなければなりません。
オーナーの話を聞き、店舗を運営するためのノウハウをオーナーに伝え、店舗を開くまでの不安を払拭するように努めることも仕事となります。

どのような順序で仕事をするのか

候補地については今年度どのくらいの数の店舗を作るのか、それによって対象地域をリサーチし、不動産会社などを通じて物件の情報を集めます。
出店するお店がどのような業態のお店なのか、カフェ、ファミリー層向けなどを考慮し物件を絞り込むのです。

出店に関してはテナント出店、単独出店に分けることができます。
その出店がテナントなのか単独なのかによって、その周辺の人口、家族が多いのか単身が多いのかなどを調べ、車の量などについてもシミュレーションするのです。
収支予測を立てて出店をどうするかを決めます。

不動産会社にテナントなどの契約交渉を行い、店舗の内装や手配を整え物品なども準備していき、最終的に引き継ぐという形です。
フランチャイズの場合には、オーナーへの説明や交渉についてもおこないますので、様々な知識が必要ですし、色々な調べがあります。
その状態をオーナーに知らせることも重要な仕事です。

店舗開発の仕事、そのやりがいとは

店舗開発の仕事のやりがいは、自分が探してきた物件がお店となっていき、そこがうまくいけばそのお店を中心として人の流れを変えることができます。
お店を立ち上げるのと同じように調べ物を行い、ノウハウも身に着けることができるので、お店を自分で作るのと同じような達成感があるのも魅力です。

情報の集め方を理解することができますし、交渉する能力を身に着けることもできます。
こうした色々な力を養うことができるということもやりがいであり、魅力でしょう。

店舗開発のために必要なスキルとは

店舗開発では物件探し、情報収集、交渉など色々なことを行う必要があります。
そのため、コミュニケーションスキルやプレゼン、またスケジュールを管理するなど多様な能力が必要となるのです。

様々な人たちと接する機会が多くなるので、どのような人ともコミュニケーションが取れるように、情報を持っておくということも重要なこととなります。
様々なスキルを身に着けること、お店を作るというオーナーさんの気持ちをしっかり理解することなど、身に着けておくことはたくさんあるのです。