食生活アドバイザーってどんなことするの?

食生活アドバイザーを取得するためには?

食生活アドバイザーというのは「食のスペシャリスト」といわれています。
食ということに関して幅広く深い知識を持ち、食事によって人が健康な生活をしていけるようにサポートする仕事です。

食生活アドバイザーの資格は2005年に施行された食育基本法に準じたもので、日々の食事を通じ心身共に健康に成長し生きていくために寄与する資格となります。
食生活アドバイザーの資格は今、3級と2級があり例年2回の試験があり、同日に2級、3級を受けることが可能です。

食育アドバイザーの2級と3級の違い

食育アドバイザーの3級は「消費者としての知識」となりますが、2級は「食事を提供する側の知識」が必要です。
消費者としての知識よりも食事を提供する側の知識の方がより深く幅広くなるため、2級の方がレベルの高い資格といえます。

食育アドバイザー資格の合格率は3級が60%、2級が30%、2級の方がより難しい資格です。
食品関連の資格としては食育アドバイザーの2級は難関ともいえるのでしっかり勉強する必要があります。

食育アドバイザーってどんな仕事?

食育アドバイザーは日々の食事と生活について幅広い知識を得ています。
そのため、食に関する総合的なアドバイスができるレベルの高い能力が必要です。

毎日の生活の中でどんな食材をどのように食事すればいいのか、食に関して様々なアドバイスができる資格となります。
例えば飲食店で食育アドバイザーの資格を活かす場合、メニューを考案したり、体にいいレシピを提案するなど、食育アドバイザーの知識を発揮できるでしょう。

衛生管理や店舗の運営についても知識を持っているため、衛生管理という立場の仕事をしたいという場合にもキャリアに活かすことができます。
衛生に関しては現代、非常に厳しくなっていますのでこの資格はかなり活かせる資格となるはずです。

介護や医療の現場でも活かせる資格

介護を受けている方の適切な食事はどのようなものか、病気されている方がどのような形態なら食べることができるのか、こうした知識も持っていますので、医療、介護の関係施設でも活躍が期待されます。
患者さんや入居されている方が、食事という楽しみを持ってくれるように食育アドバイザーの資格を活かすことができるでしょう。

飲食業界への就職、介護、医療、その他色々な施設への就職に活かすことができます。
食についての専門知識を持っているのですから、就活の面接の際、食育アドバイザー資格をアピールして、より良い就職を得ることもできるはずです。

もちろん結婚し、家庭の中で活かすこともできる資格なので、結婚されてからも有意義に利用できます。
飲食業界でのキャリアアップ、家庭生活の中で活かす等、様々なことに活かすことができる資格です。