バリスタ

バリスタの仕事内容

コーヒーをよく飲むという人はいませんか?
バリスタという言葉をコーヒーが好きな人は耳にしたことがあるかもしれません。
バリスタとはコーヒーのスペシャリストのことで、お客さんの希望に合ったコーヒーを提供するのがその主な仕事です。

バリスタの就職先は、カフェもしくはバールが中心となります。
最近では有名チェーン店の中でも、バリスタを置くところも増えているので需要は高まっています。
また個人で喫茶店を経営している人で、バリスタの資格を目指す人もいます。

バリスタはコーヒーに関する高い専門的な知識が要求されます。
まずコーヒー豆も多種多様な種類の情報を頭に入れておかないといけません。

またコーヒー豆は焙煎方法や抽出方法によっても、味は変化します。
さらにその時々の気候によっても、味は影響を受けるといわれています。

そこでそのタイミングで最もおいしく目の前のコーヒーを飲んでもらうためにはどうすればいいかを常に考えないといけません。
またお客さんの要望などを聞きながらコーヒーの紹介をする必要があるので、コミュニケーションスキルなど接客技術も要求される職業です。

バリスタになるには

バリスタという言葉が日本で広く浸透するようになったのは、最近のことです。
このため、まだこのコースを歩めばバリスタになれるという決まった道が確立されていないのが現状です。

もともとバリスタは、海外で生まれた職業なので現在日本の一線で活躍しているバリスタを見てみると、海外で技術を学んでいる人も多いです。
しかしなかなかバリスタになるために、一定期間海外で過ごすのは難しいという人もいるでしょう。

最近ではバリスタを学べるような専門学校も日本国内で開校しています。
求人情報を見ると未経験者でも歓迎するような求人もありますので、最初は見習いとして下積みから経験を積んでいく方法もあります。
実務を通じて技術や知識を身に着ける形になるので、あくなき向上心を持っていないとこの仕事は務まりません。

バリスタの将来性は

皆さんも利用したこともあるかもしれませんが、外資系のカフェも日本にどんどん進出しています。
カフェ人気が高まっている中、バリスタの認知度の高まりとともに需要も高まりを見せつつあるというのが現状です。

バリスタというとコーヒーに専門的に携わるものと思っている人もいるかもしれません。
しかし勤務先で、いろいろな仕事を経験できるところも魅力です。
お酒の提供をしている所で、カクテルなどを提供することもあり、お酒の知識などを学べる可能性もあります。

またバリスタの資格を生かして将来的には自分のお店を開業することも可能です。
店舗経営のことも学ばないといけないものの、将来の夢をはじめとしてやりがいのある仕事であることは確かです。